長浜で魯山人に出会う

2/17(水)長浜盆梅展に行ってきました。全国的にも有名で56回展迎をえます。樹齢400年を超す梅の鉢植えはじめ丹精込めた梅の鉢植えが慶雲閣に並びます。会場は梅の香りに包まれて壮観です。私は4回目になります。梅の香りと鉢植えの立派さ、魅了されて近年通います。今日は盆梅展の魅力もさることながら、全く予期せぬ魯山人の大作に遭遇しました。その報告です。会場のすぐ近く「安藤家」豊臣以来の旧家で呉服を商った豪商です。若いころの魯山人を支援したことでも有名です。奥の座敷に270cm×90cm一枚板の大欅の看板を目にしました。実物を目にしたのは初めてです。看板の巨大さと刻字の迫力に圧倒されました。「むむっ!さすが魯山人」想定外の出会いに息を飲みました。4月上旬より離れの間、「小蘭亭」(魯山人ワールド)の公開も始まります。私は40年らいのファンです。もう一度出掛けたいと思っています。